ケアサポート

マタニティー歯科

あなたと、生まれてくる赤ちゃんのために、
妊婦さんのための”歯科検診・口腔ケア”を
はじめませんか?

妊娠中はむし歯・歯周病になりやすくなります。
お母さんや生まれてくる赤ちゃんのために歯科検診をしましょう。

マタニティー歯科

むし歯・歯周病のリスクが高まります

妊娠中は、女性ホルモンの増加で口の中が大きく変わります。
  • 歯ぐきから出血しやすい、腫れやすい
  • 口の中が乾きやすい、ネバネバする
  • 口の中のphが酸性に傾く(歯が溶けやすい環境に)
妊娠中におこりやすい生活習慣の変化
  • 食習慣の変化(食べ物の嗜好の変化、食事回数の増加、不規則な間食)
  • つわりのため歯磨きが不十分になりがち。

妊娠中の歯科検診が必要な理由

  • 妊娠中の歯科検診が必要な理由1
    安全な出産につながる

    妊娠中にむし歯菌や歯周病菌が体内に入り込んでしまうと早産や低体重児出産を引き起こす可能性が高まると云われています。

  • 妊娠中の歯科検診が必要な理由2
    生まれてくる、
    赤ちゃんのお口を守る

    生まれた赤ちゃんのお口には、むし歯菌はありません。乳歯が生え始める頃に、大人(主にお母さん)の唾液から感染します。お母さんのお口を清潔に保つことは、赤ちゃんにむし歯菌を感染させないために大切なことなのです。

  • 妊娠中の歯科検診が必要な理由3
    お母さん自身の健康のために

    出産後は赤ちゃんの育児等で忙しくなり、歯科医院へ通院する時間が取れなかったりします。今の時期に受診しておきましょう。

母子健康手帳に、歯科検診のページがあるのをご存知でしょうか?

妊娠中に歯科検診を受ける事は、お母さんだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのお口を守る事にもつながります。

母子健康手帳

よくあるご質問

  • Q1 妊娠中に、歯科受診しても大丈夫?
    妊娠中でもむし歯の治療や歯のクリーニングはできます。
    安定期の間(妊娠16週~27週)に受診しましょう。
    ※体調が悪い時は無理をせずに延期しましょう。
    ※歯科医院に来院した際には妊娠中であることを必ずお伝えください。
  • Q2 歯科のレントゲン撮影によるおなかの赤ちゃんへの影響は?
    歯科で撮影するレントゲン写真の放射線量は非常に少ないです。
    また歯を撮影しますのでおなかの赤ちゃんにあたることはありません。
    さらに撮影時には防護エプロンを着用しますので安全です。
    ※歯科医院に来院した際には妊娠中であることを必ずお伝えください。
  • Q3 歯科の麻酔によるおなかの赤ちゃんへの影響は?
    通常の麻酔量であれば赤ちゃんへの影響はなく比較的安全とされていますのでご安心ください。
    麻酔が必要となる歯科治療は安定期の間が望ましいです。
    妊娠初期、後期でも麻酔は可能ですが、母子の安全を考慮し痛みを伴うなど緊急性がない限り、麻酔を必要とする治療は控えるのが望ましいです。
    ※歯科医院に来院した際には妊娠中であることを必ずお伝えください。

当院の特徴

  • Point
    城野産婦人科でお産される方の専用歯科で安心!
  • Point
    女医が診療します!不安なことは気軽にご相談ください!

当院は城野産婦人科と連携しておりますので、万が一、診療中に体調が優れない場合は、直ちに対応いたします。安心してご来院ください。

城野産婦人科クリニック 歯科

診療時間
9:00−13:00

−14:00

14:00−17:30

休診日

水曜・日曜・祝日
※受付は診療時間の30分前まで
※完全予約制

診療メニュー

<妊婦歯科検診>

むし歯、歯周病チェック、歯磨きチェック・口腔清掃指導・保健指導

<歯のクリーニング>

歯磨きチェック・歯周病の検査・歯石とり・歯面清掃・着色除去・歯ブラシ指導

城野産婦人科クリニック 歯科

住所〒816-0852 春日市一の谷2-8-1

TEL092-586-1025